銀行でお金を借りる方法と条件

学資保険の育英年金はいらない?

学資保険では、被保険者となる子供の親が保険契約者となる場合に育英年金特約を付帯させることができるようになっています。多くの学資保険では、親が亡くなったり、高度障害の状態になると、その後の保険料の納付が免除となりますが、育英年金特約があると更に一定期間の間、年金として育英資金を受け取ることができます。

この特約は性質上、親が高齢であったり、病気になりがちな場合に、将来亡くなったときのための備えとして便利といえます。しかし、学資保険の育英年金特約は特段の事情がある場合を除けば、いらないと判断されることが多い特約でもあります。なぜかというと、生命保険会社では親の死亡保障や高度障害保障に特化した保険商品も取り扱っており、そちらで親が万が一の事態になったときに子供に保険金が入るような形にしておけば、学資保険で育英資金を受け取れるようにする必要がなくなるからです。生命保険は、保障内容が重複すると契約者にとって損をするケースが多いので、既に他の生命保険に加入している場合は学資保険に特約はいらないと結論づけるのは容易です。

また、積立式の生命保険に特約を付帯させると保険料が値上がりしますが、これによって返戻率が100%未満になるところまで減少してしまうと、本来の目的である資金の積み立てが十分にできなくなります。学資保険は、子供の将来の教育資金を確保する目的でお金を積み立てていく商品であるため、保険のプランを決める際には貯蓄性を重視する必要があります。
保険についてはこちら